健やかに美しく

 

プラセンタは安全

日本で流通されているプラセンタは、徹底した品質管理のもとで安全に製造されているため、体に害を及ぼすような危険性とは無縁です。ただし、プラセンタの安全性が認められているとはいえ、全ての人に副作用が起こらないというわけではありません。場合によってはアレルギー反応を起こしてしまうこともあるので要注意です。

プラセンタ自体のアレルギー

人間など哺乳動物の胎盤を原材料に作られたプラセンタですが、プラセンタ自体にアレルギー反応を起こしてしまう人がいるのも事実です。具体的な症状としては、蕁麻疹や発熱、体のだるさ、アトピー性皮膚炎などが挙げられます。ただ、こういった症状の全てがプラセンタによるものだとは言い難いのも事実です。このように副作用の心配があるのはプラセンタに限った話ではありません。食べ物や薬品を取り入れる上で、必ず何かしらの副作用と隣り合わせであることを心得ておきましょう。

抗アレルギー作用

プラセンタによってアレルギー反応が起こることがあるとはいえ、プラセンタの持つ抗アレルギー作用により花粉症やアトピーなどのアレルギーにも効果的であるため、アレルギー体質の人のが必ずしもアレルギーを引き起こすという訳ではありません。どちらかというと免疫力が低下していたり、虚弱体質の場合にアレルギー反応が出やすいと言われています。

プラセンタを摂取した後に、アレルギー症状が出た場合には、すぐにプラセンタの服用を中止し医師に相談するようにしましょう。